沖縄の離島の良い所

海のキレイさと自然の大きさが魅力

沖縄には人の住む有人島が約50、無人島は無数にあると言われています。面積が大きく、経済活動や商業活動が活発なのが沖縄本島と石垣島ですが、この二つの島周辺には多くの離島の島々があります。
沖縄旅行でこの二島を訪れる旅行者は多いですが、旅を重ねるうちにさらにディープさを求めて離島を目指す人が増えてきます。
沖縄本島周辺には慶良間諸島や伊是名島や伊平屋島、久米島があり、石垣島周辺には竹富島や小浜島、黒島などの有人島があり、沖縄フリークの間ではそれらを巡るアイランドホッピングが人気になっています。
沖縄離島の魅力は何と言っても自然の雄大さにあります。中でも惹きつけるのが海の美しさです。人工物が少なく、海の青さと透明度はバツグンな上に少なくなってきているサンゴ礁なども数多く見られたりします。
離島に渡る航路も整っているので、キレイな海にココロを洗われたい方は離島の旅に出かけてみましょう。

独特の文化、風習とイチャリバチョーデー精神が魅力

その離島独自の文化や風習が残っているのも大きな魅力です。
例えば食べ物で言えば有名なのが沖縄そば。沖縄本島なら麺は太めのちぢれ?でトッピングには紅ショウガ、宮古島はちぢれのない平麺で具材は麺の下に隠す、八重山諸島なら細目の丸い面に少し甘めの出汁、という違いがあったりします。使う沖縄言葉も一つ島が違うとまったく理解が出来ないとも言われています。
沖縄は音楽と舞踊の島とも呼ばれていますが離島ごとの音楽や舞踊があり、それを本場の離島で直に見たり聞いたりするのも離島ならではの楽しみです。
また、島ごとにいろいろなお祭りがあり、それを見物したり参加したりするのも離島を旅する醍醐味です。イチャリバチョーデー(出会えばみな兄弟)という沖縄のことわざ通り、初めて会ったのにすぐに打ち解けるような開放的で人懐っこい住民が多く、祭りの後に泡盛を飲み交わすのも離島の楽しみでもあります。